日本最大級ペット専門寺院 お迎えから、ペット葬儀(火葬)、供養、納骨、埋葬まで一貫施行

0120-121-940

メールでのお問合せ

日本最大級ペット専門寺院 お迎えから、ペット葬儀(火葬)、供養、納骨、埋葬まで一貫施行

2016/10/23

季刊誌  慈恵 よりの 紹介です

平成28年秋号より 読者 鈴木裕子さんより の 投稿の 紹介を

させていただきます。

 

ラブと過ごして 立川市 鈴木 裕子 (50)

 

梅の花が咲き、春の訪れを感じ始めた平成28年2月6日に愛犬ラブは

14才と10ヶ月の生涯を閉じました。娘が小学校2年生、息子が保育園

年長の頃、ペットショップに行き、トコトコと唯一近寄ってきた子犬が

生後三か月あまりの黒ラブでした。

私は大型犬は散歩も大変だし、旅行とか連れていけないし・・・と

思いましたが、夫は近寄ってきたのは この犬だけだと気に入り、

店の人もラブラド-ルは 大人しく利口ですから 心配ないですよ

との薦めで、その日のうちに 抱いて帰ってきてしまいました。

確かに子犬は可愛く 誰もが夢中になりましたが、共働きの我が家

では帰宅して驚くことの連続。 長い時間ゲ-ジでは 可哀想と

ダイニングで自由にさせていたら、スリッパはボロボロ、新築の家

だったのに ドアや柱は かじられ 泣けてきました。今では

その傷跡を見ると 子犬のラブを思い出し 違う意味で泣けてきます。

風邪で学校を休んで 一人留守番していた小学生の息子に 「大丈夫か?」

と遠く離れた祖父が心配して電話した時、「ラブがいるから寂しくないし

大丈夫」と 息子が答えたそうです。学校から帰宅して 誰もいない家に

帰るのは寂しいけれど 飼い主の帰宅を いまかいまかと待ち、

本当に喜んで(おかえり)と 迎えてくれた ラブの存在は どれほど

心の支えになったか 計り知れません。

いたずらで やんちゃ だったラブも 落ち着く年代になった時は、

本当に利口で 大人しく 全く吠えず、人は大好きで 癒しそのものでした。

病気もせず 獣医にかかるのは 耳の掃除と フィラリアの検査くらい。

花見をしたり、夏は海に行って 泳いだり、キャンプへ行ったりと

沢山楽しみました。そんなラブも 14才を過ぎた頃から 足腰がふらつき、

亡くなる 二週間前には 全く動けなくなりました。それでも食欲が

あるうちは よかったのですが、大好きな チ-ズも 無視し(おかしいな)

と思った その日の 明け方、添い寝をしていた 息子に見守られ 安らかに

旅立ちました。ラブ 本当に幸せな 日々を ありがとう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/17

季刊誌 慈恵 よりの 紹介です

 

平成28年秋号 より 読者 小勝友香さん より の 投稿の 紹介をさせていただきます。

 

府中市 小勝 友香 (9)

私がかっていた犬は、「トム」という名前で、 とてもかしこい犬でした。

毎年、3月11日になるちと、トムは、あの大しんさいの前日に、亡くなってしまったのです。

18才でした。私は、いつも見守ってくれているトムに、手紙を書きます。

「とむちゃんへ」 ゆか、もうすぐ4年生になるんだ。そう思うと早いね。

勉強が始まって、どんどんむずかしくなっているけど、がんばっているよ。

友だちも、たくさん出来て、学校はとても楽しいよ。

とむ はどう?天国で新しい友 たくさん出来て、楽しく遊んでいる?もし、

そうだったらうれしいな。 弟の もっくん(もく)は、元気にしているよ。

でも、歩くのが、つらくなってきているみたい。もうすぐ もく、16才

だからね。 とむちゃん、これからも、ゆかたちの事、見守っていてね。

とむちゃん、大好き。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/17

市川市の可愛い猫ナナちゃん

飼い主 今田様より
火葬終えられて、しばらく経ちましたが、愛猫ナナちゃんへの思いを
綴って頂きましたので ご紹介させて頂きます。
いつまでも家族・・・だな と思う、やさしさと 感謝の気持ちあふれる
お話しでした。

「もう一度だきしめたい」
15才5ヶ月で ナナちゃんという名前の猫は魂の故郷へ帰って行った。
私の膝の上で苦しんでいる姿を見ても どうすることもできなかった。
私の腕に抱かれて 2,3分で胸の鼓動が止まった。私は亡骸を抱きしめて
激しく嗚咽した。2015年10月22日 午前4時40分の事である。
ナナちゃんには 感謝の気持ちで いっぱいである。
火葬を こちらにお願いし、最後のお別れをしました。
とても親切にしていただけて 感謝いたします。
今でも私は、ナナちゃんの写真を見ては もう一度抱きしめたい
もう一度会いたい と 涙が流れるのを 抑えることはできない。
12月1日に 不思議な夢を見た。明け方に目が覚めて、時間が早かったので
10分ほどうとうとした時のことだ。
部屋の中を見ると ナナちゃんが うずくまっていた。
ナナちゃん やっと帰ってきてくれたんだね と 私は ナナちゃんを抱きあげた。
夢の中でも ナナちゃんがどこか遠くへ行っていたのだという意識があったのだろう。
ナナちゃんは 少し瘦せていたが、亡くなる直前ほどではなかった。
抱き上げて 数秒して降りたそうだったので そっと おろすと、隣の部屋へ
歩いて行った。 隣の部屋には誰かか あるいは 猫だったかがいた。
それが誰だったかは はっきり わからない。
ナナちゃんは いつものように自然体だった。
別の部屋にいる誰かに 私は声をかけた。 ナナちゃんもそちらへ 歩いていく。
ナナちゃんが やっと戻ってきたよ と 私は声をかけて 後をついていった。
そこで目が覚めた。目が覚めた時 とても暖かく感じた。 いつもナナちゃんを
抱きしめたいと、嘆き悲しんで ばかりいるから 夢の中に出てきてくれたんだな、
と 思った。ナナちゃんを 今抱き締めるのは夢の中でしか できないのだから。
ありがとう ナナちゃん 。 大好きな ナナちゃん 。
ナナちゃんに 最大限の愛情と感謝の気持ちを いつも いつも 捧げているよ。

 

DSC_0475

DSC_0475

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院

フロントページ(トップページ)


住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/10/16

江戸川区にてチワワのスマイリ-ちゃんの葬儀

江戸川区の青木さんより わんちゃんの火葬 ご依頼いただきました。
とてもちいさなチワワでした 突然のお別れだったそうです。
普段通りの生活の中で 予想できない出来事。
人も動物にも気を付けなければと思っていても
防げないことが起こります。 でも 二度と同じことが
起きないようにしたり 注意深くなったりします。
改めて 気を付けようと思いました。
少しでも悲しみが癒えますように 心を込めて
お見送りの お手伝いを させていただければと 思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/07

ミニチュアダックスフント

なな10才

 

 

2016/10/07

ペット火葬 葛飾区にてミニチュアダックスのティンちゃんの葬儀

葛飾区にてミニチュアダックスのティンちゃんの葬儀を執り行いました。

享年15歳 昨年までは元気だったのですが、家族の見ている前で突然痙攣して

亡くなってしまったそうです。

その後お医者様に診ていただくと脳梗塞だったそうです。

突然のお別れにご家族もひどく落胆されていました。

立会火葬プランでの葬儀となりました。

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ペット葬儀や納骨、法要まで信頼と実績ある東京の慈恵院より最新のお知らせです

日本最大級のペット専門寺院として東京で歴史ある慈恵院では、新着情報コーナーにて最新のサービスのご案内や、月例法要、お彼岸、お盆などの行事のご案内、僧侶による法話のご案内などを致しております。
ペット葬儀についてお考えの方や、ペットロスでお苦しみの方、他で火葬されたご遺骨の納骨場所やご供養についてお悩みの方もぜひご覧ください。当院では専任の僧侶が常駐しており、ペットロスを癒す法話やご相談もお受けしております。
ペット葬儀の事前相談をはじめ、突然亡くなられてどう対処すべきか分からないとお困りの方も、専門の相談員がおりますのでフリーダイヤルにご連絡ください。お気持ちも落ち着くアドバイスや、ご遺体をお迎えに上がるまでの対応についてご案内させていただきます。

PAGE TOP