日本最大級ペット専門寺院 お迎えから、ペット葬儀(火葬)、供養、納骨、埋葬まで一貫施行

0120-121-940

メールでのお問合せ

日本最大級ペット専門寺院 お迎えから、ペット葬儀(火葬)、供養、納骨、埋葬まで一貫施行

2018/06/23

足立区の お寺で 法話「縁」を伺って来ました。

 

東京ペット葬儀 慈恵院 事務局の鈴木です。

先日 足立区のお寺で 和尚様の 法話を

聞いてきました。 とても良い お話でしたので

ご紹介させて いただきます。また、

足立区に お住いの方に 東京ペット葬儀

慈恵院の ご案内を させていただきます。

 

「縁」

 

仏教は「縁」ということばを 大切にしています。

仏教の根本となる 教えの 一つを「縁起説」と

いいます。

 

この教えによれば、この世において、雨が降り、

風が吹くのも、花が咲き やがて 散るのも、

すべて「因縁」によって 起こる ということ

です。

 

たとえば、ここに 一粒の お米があります。

これは「因」となるものです。

 

わたし達は これを 種として 土に 蒔きます。

すると 芽が出てきます。これを 苗として

水田に 植えると 青々とした 稲は やがて

秋に 稲穂が出て、多くの お米を 収穫する

ことができます。これは お米という「果実」

です。

 

仏教では これを「果」といっています。

縁起説によれば、この果は すべて「因縁」に

よって 起こると 説いています。

 

まず「因」となる 一粒の お米があり、

多くの「縁」によって、はじめて「果」である

多くの お米が 収穫されることになるのです。

では、 多くの「縁」とは 一体なんなので

しょうか。八十八の 人の手をかけて 出来る

という意味を 持っているように、多くの人の

労力を 必要とします。

 

それだけでは ありません。青々とした 稲穂が

育ち お米を収穫するには、何といっても

太陽の光や 多くの水、肥料などが 必要です。

これらは すべて「布施」という言葉のように、

これは「施し」です。

 

「縁起」という字が「縁って起こる」であるように、

この世における すべてのものは、原因となる

ものと、これが「結果」をもたらす「縁」によって

起こるものです。

 

この「縁」の中で 何ものよりも 深く 強いのが

親子の「縁」です。この 親子の縁が強いのは、

私たちの 生命を もたらして下さった 深い

因縁に よるものです。他の なにものにもまして、

親が いなかったら 私たちの生命はなく、親の

お陰が あったればこそ、今日の 私たちが

あるのです。

 

たとえ 子のない人は あっても、親のいない子

は 絶対に おりません。この 当たり前と

いっても よいことが、本当に わかっている

人は 少ないのです。気づくのが おそいのです。

これを「因果応報」といいます。

 

つまり、私たちが 幸せに 生きて行けるのは、

ご先祖様の お陰といっても 過言では

ないでしょうか。

 

足立区の お寺の お施餓鬼会の ご法話で

話していただいた「縁」についての お話を

ご紹介させていただきました。

 

次は 東京ペット葬儀 慈恵院の ご案内を

足立区の 皆様に ご紹介させていただきます。

 

東京都 足立区で ペット葬儀・ペット火葬・

ペット供養が 足立区に お住いの方々より

口コミで 評判の ペット霊園

東京ペット葬儀 慈恵院の ご案内を

させていただきます。

 

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

お探しの方は ご参考にして下さい。

東京ペット葬儀 慈恵院は 府中本山と

足立別院を 有し 数多くの

足立区に お住いの方々に ご利用いただ

いております。また ご利用を いただいた

方々より 口コミで 大変 良い評判を

頂戴しております。

 

大正時代から およそ100年の 歴史を持つ

日本最大級の ペット霊園で ペット供養の

総本山として 100万件を 超える 数多くの

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

執り行って ペットたちの 安らかな眠りを

守り続けて 参りました。

 

1年 365日 開園しておりますので 皆さまは

いつでも 開園時間内(午前8時より午後5時迄)

に 一年を通して お参りになれますし

家族皆様で お参りにみえる人々が

絶えることが ありません。

 

足立区に お住いの方は 無料で

ペット専用保冷車にて お迎えをいたします。

(自宅まで お迎えにお伺いいたします)

 

専任の僧侶による 供養のもと(皆様の

お申し出による ペットの供養だけでなく)

僧侶による 日々の供養を 本堂にて

朝課(朝の読経)晩課(夕方の読経)を

毎日行っています。

 

日々の供養は 皆様の参加は 無料です。

ご希望の方は ご参加下さい。

個別の 永代供養も 行っています。

 

毎月最終日曜日には 午後1時より

「竹生苑」において 月例法要も

行っています。皆様の ご参加も無料で

自由に 参加できます。ご希望の方は

12時40分までに 寺院受付まで

いらしてください。

 

僧侶による 供養のもと 皆様の

「小さな家族」の 旅立ちを 安心して

お任せ下さい。

大切なのは「どれだけ 心を こめたか」です。

 

合同火葬は 合同墓所に 埋葬し 合同供養料は

無料です。(永代供養の費用も 含まれております

ので 以後の 管理費用も 必要ありません)

 

個別火葬は 納骨堂に 2年間 無料にて

安置いたします。

 

立会火葬は 納骨堂に 2年間 無料にて

安置いたします。

 

個別火葬・立会火葬は 納骨費用、お骨壺費用も

含まれております。

2年目以降は 納骨の継続・お骨のお持ち帰り・

お骨の合同供養塔への合祀 を 選べます。

皆様で ご検討してください。

 

東京ペット葬儀 慈恵院 の ペット葬儀の

費用には 毎日朝晩の ご供養・2年間の

安置管理・動物月例法要・合同火葬埋葬費用・

ご遺体の訪問取引費用 が 全て含まれた葬祭料で

ありますので、低料金で 質の高いサ-ビスを

ご安心して お受け ご利用していただけます。

 

墓石を建立できる 墓地(府中本山)や

(石材業者も ご紹介いたします) 高級霊座も

充実(金龍殿など)しております。

 

日々 いつも 火葬の技術向上や 環境問題、

地域貢献へ 取り組み、日本国内最大規模を

誇る 総合施設の ペット霊園で 充実した

体制と 低料金の ご費用で 「小さな家族」

ペットたちの ご供養をいたします。

 

固定火葬炉は 最新式の 環境基準に適合した

ダイオキシンが 発生しない 火葬炉です。

 

近年 ペット火葬を 移動火葬車で 行う

業者も 増えていますが、利便性が良いようにも

聞こえますが 移動火葬車は 環境問題、

火葬能力、安全問題、道路交通法 等に抵触

しうる 様々な 問題を抱えております。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は 家族と一緒に

暮らしてきた 動物たちも 人間に準じた

供養をし 葬儀・火葬・納骨を 行います。

 

ペットたちの 火葬は 最新式の固定火葬炉

にて 丁重に 火葬・荼毘(だび)に付し

お骨上げ まで 丁寧に 執り行います。

 

各界の 著名人も 数多く ご利用いただき

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

執り行っています。

 

お参りの際の お花・お線香 なども

専用の お花場にて 取り揃えておりますので

(有料となります)手ぶらで お参りできます。

 

お参りの後の 精進落しの場 として

お食事処「慈庵」も 営業しております。

お食事やご歓談に 安心して 安らぐ

場所も 食事所も ございますので

ご利用いただければ 幸いです。

お蕎麦の 評判が とても良いお褒めの

お言葉を 多数頂戴しております。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は お迎え・葬儀・

火葬・埋葬・納骨・供養 と すべての

ご要望に お応えできる 日本最大級の

施設を 誇る 歴史と伝統 有る

ペット専門の ペット霊園 寺院です。

 

 

 

 

東京ペット葬儀  慈恵院  事務局

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/06/10

西東京市 ひばりが丘の 獣医師先生に お話を伺って来ました。

東京ペット葬儀 慈恵院 事務局の 鈴木です。

西東京市 ひばりが丘で 動物病院 獣医医療を

おこなっている ひばりヶ丘動物病院の 院長

小松哲郎 先生に お話をお伺いして来ました

ので ご紹介させて 頂きます。

 

西武池袋線 ひばりが丘駅 南口より 徒歩5分

専用駐車場も 2台有る 西東京市の

ひばりヶ丘動物病院は 1956年 開院以来

地域のかかりつけ医として「ペットに優しい

医療」をモットーに ご家族の皆様が 楽しく

安心に暮らせる お手伝いができるよう

それぞれの立場に 立った医療サ-ビスを

心がけるのが モットーに また 夜間の

急患の際には ひばりが丘動物病院 提携の

夜間往診センタ- ドクタ-カ-が 対応して

くれるそうです。また 時間をかけた 丁寧な

トリミングが 評判です。近隣地域の方には

送迎サ-ビスも 行っているそうです。

獣医として 40年の 経験と すぐれた

知識に基づいた 医療サ-ビスを 行っている

小松哲郎院長先生に お話を お伺いして来ました。

 

 

獣医師生活40年・雑感

 

ひばりが丘動物病院

院長 小松 哲郎

 

ついこの間まで 獣医師会のなかで 若手だと

思っていた 自分が 気がつけば この春で

獣医生活 40年、時の流れの 速さに ただただ

驚く ばかりです。

 

この間、獣医の世界も 飛躍的な 変化を

遂げました。自分が 獣医師免許を 取得して

22歳(当時の獣医大学は4年制)で はじめて

見習いを したのは 新大久保の ホ-ム際の

8坪ほどの 小さなビルに 入った 待合室もない

動物病院で、機械らしい機械は レントゲンだけ。

 

スタッフは 院長と 代診の 自分だけで、給料は

忘れもしない 月6万円。それでも 見習い獣医と

しては いいほうで、友人たちは 住み込み、

月3万円程度の 待遇が 当たり前の 時代でした。

 

ペットの 犬や猫 を連れてくるのは 歌舞伎町の

ホステスやホスト、おかまバ-のママに ヤクザの

組長、ラブホテルの経営者と そうそうたる 顔ぶれ。

 

そんな一筋縄では いかない 飼い主さんたちを相手に

師匠の 院長は 一年中 白衣も着ずに アンダ-シャツ

一枚。言葉遣いは ぶっきらぼうで べらんめえ調。

それでも 場所柄か、患者さんたちには それなりに

慕われていました。

 

時は流れて、今時の 動物病院と言えば、ほとんどが

会社経営で 獣医師を 含めた 従業員が 少なくとも

5.6人。初期設備投資だけで 軽く 数千万円は

必要な時代。大規模の 病院となれば 数十人の

スタッフを抱え、MRIまで 備えた病院も 少なく

ありません。

 

かくいう私も 数年前まで 2軒の病院と 多くの

スタッフを 抱えて、忙しい毎日を 送っていましたが、

還暦を 迎えて 体力の限界を感じ、今は 院長の

私と 女性スタッフ2名で 身の丈に合った

病院経営を しています。

 

いきおい 飼い主さんの 年齢層も 高くなり、

足がなく 大きな病院に 連れて行けない

高齢の 飼い主さんが 増えました。

 

また、獣医界の 趨勢とは 逆に 高度な医療を

望まない 飼い主さんも 多く、最近では そうした

方たちの ご希望に沿って、ペットを 最後まで

苦しむことなく、安らかに 看取ることが

これからの 私の 使命と考えています。

 

この40年に 培った 獣医師としての 職能を

駆使して、無理せず、マイペ-スで 飼い主さんの

立場に立った 獣医療に 専念しようと 考えている

この頃です。

 

小松院長先生 お話を お伺いさせていただき

大変ありがとうございました。

ますます 地域の 皆様に 可愛い子供 ペット達に

経験に 基づいた 優しい医療を 提供していって

下さい。

 

 

東京ペット葬儀 慈恵院は 府中本山と 足立別院を

有し 数多くの 西東京市 お住いの方に

ご利用をいただいております。

 

大正時代から およそ100年の 歴史を持つ

日本最大級のペット霊園で ペット供養の 総本山として

100万件を 超える 数多くの ペット葬儀 ペット火葬

ペット供養を 執り行って 参りました。

 

西東京市に お住いの方は 無料で 専用保冷車にて

お迎えいたします。

専任の僧侶 による 供養のもと 皆様の「小さな家族」の

旅立ちを 安心して お任せ下さい。

大切なのは「どれだけ 心を こめたか」です。

最愛の ペット達の 心をこめた 旅立ちを 施行いたします。

 

合同火葬は 合同墓所に 埋葬し 合同供養料は 無料です。

個別火葬は 納骨堂に 2年間 無料にて 安置いたします。

立会火葬は 納骨堂に 2年間 無料にて 安置いたします。

 

墓石を建立できる 墓地(府中本山)や高級霊座も

充実しております。

各界の 著名人も 数多く ご利用いただき

葬儀 火葬 供養を 執り行っております。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は お迎え 葬儀 火葬 埋葬

納骨 供養 と すべての ご要望に お応えできる

日本最大級の 施設を誇る 歴史と伝統 有る

ペット専門の ペット霊園 寺院です。

 

ペット葬儀 ペット火葬 ペット供養 を お探しの方は

0120-121-940 フリ-ダイアル(ワンニャンいいくよう)

までお問い合わせください。

丁寧に ご説明 ご対応 させていただきます。

 

 

東京ペット葬儀      慈恵院        事務局

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/05/02

夏も近づく八十八夜。

DSC_1421

DSC_1421

5月2日 連休は 皆様 どうお過ごしですか

連休の谷間ともいわれる 5月2日は 八十八夜です。

立春から 数えて 88日目 今年の立春は

2月4日でしたから 今日が 八十八夜にあたります。

 

日本の童謡・唱歌に 茶摘みの歌が 有ります

皆様 よく聞きますし ふと 口ずさむ方も

いると 思います。少し紹介してみましょう。

 

「茶摘」

夏も近づく 八十八夜

野にも 山にも 若葉が 茂る

あれに 見えるは

茶摘 じゃないか

茜襷(あかねだすき)に 菅(すげ)の笠

 

日和 つづきの 今日 此の頃を

心のどかに 摘みつつ 歌う

摘めよ 摘め 摘め

摘まねば ならぬ

摘まにや 日本の 茶にならぬ

 

では 5月によく歌われる 童謡・唱歌を

ご紹介します。

 

「こいのぼり」

やねより たかい こいのぼり

おおきい まごいは おとうさん

ちいさい ひごいは こどもたち

おもしろそうに およいでる

 

やねより たかい こいのぼり

おおきい ひごいは おかあさん

ちいさい まごいは こどもたち

おもしろそうに およいでる

 

みどりの かぜに さそわれて

ひらひら はためく ふきながし

くるくる まわる かざぐるま

おもしろそうに およいでる

 

五月の かぜに こいのぼり

めだまを ピカピカ ひからせて

おびれを くるくる おどらせて

あかるい そらを およいでる

 

 

「背くらべ」

柱の きずは おととしの

五月五日の 背くらべ

ちまき たべたべ 兄さんが

計ってくれた 背のたけ

きのう くらべりゃ なんのこと

やっと 羽織の ひもの たけ

 

柱に もたれりゃ すぐ 見える

遠い お山も 背くらべ

雲の 上まで 顔だして

てんでに せのび していても

雪の 帽子を ぬいでさえ

いちは やっぱり 富士の山

 

 

 

いかがですか 皆さん 口ずさむでしょう

ゴ-ルデンウイ-クも 後半に入って

来ます 良い連休を お過ごしください。

 

 

東京ペット葬儀  慈恵院  事務局

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/04/30

納骨のご案内 と 慈恵院納骨堂使用規定 

DSC_1420

DSC_1420

東京ペット葬儀 慈恵院 です。

納骨の ご案内と

慈恵院納骨堂使用規定 を ご案内させて

いただきます。

 

合同火葬の 場合は お預かりの 翌日に

他家のペットちゃん ご遺体と一緒に 火葬し、

合同墓所に 埋葬いたしますので ご返骨は

出来ませんし 納骨堂の 使用も有りません。

 

個別火葬・立会火葬の 場合は 納骨堂を

使用出来ます また 他所にて 火葬された

ご遺骨の 納骨堂を使用し 納骨出来ます。

 

「納骨堂のご案内」

 

納骨堂の 使用料

個別火葬・立会火葬の 場合

ご命日~2年間・・・・・・・・・・無料

以降~2年間毎に・・・・・・・・・3万円

(*3壺まで お預かり可能です。)

 

お供え場所の 寸法

縦9㎝×横13㎝×高さ16㎝

以内の、お供え物で あれば 大丈夫です。

 

納骨堂のお願い

お骨壷は、命日順に 安置されており、

係が 定期的に 点検しております。

ご自身での 移動は なさらないように

お願いいたします。

尚、ご高齢の方や 車イス使用の 場合は、

ご配慮いたしますので 受付へ お申し出

ください。

 

生花や 開封した 食べ物、飲み物は

ご遠慮ください。

お骨壷に 貼ってある 名前シ-ルが

見えるようにしてください。

 

たくさんお お友だちを お預かりして

おります。ひとりでも 多くの お友だちが

納骨できるように、納骨堂内2年毎に

改葬(整理)させていただいております・

 

5寸以上の お骨壷

ご命日~2年間までは、5寸以上の お骨壷にて

お預かり 可能です。

ご命日から 2年後、納骨堂を ご継続(更新)

される場合は・・・4寸の お骨壷へ 変更と

なります。

(*納骨堂の お部屋に限りがあり、一人でも

多くの お施主様に 平等に ご利用

いただく為)

 

使用規定について

後に 使用規定を 掲載します。

 

お手続きについて

お骨壷の お持帰り・ご納骨を される場合

また、ご名義や ご住所を 変更される 場合

(*受付にて お手続きが 必要と なります。)

 

合同火葬:お預かり 翌日に 他家の ご遺体と

一緒に 火葬し、合同墓所に

埋葬いたします。ご返骨は 出来ません

納骨堂の 使用も 有りません。

 

個別火葬:お預かり 翌日に 個別に 火葬致します。

ご家族様の 立会いは 出来ません。

ご返骨 又は、三回忌(2年間)まで

無料にて 僧侶供養のもと 納骨堂に

安置いたします。

 

立会火葬:お電話(0120-121-940)での 予約者

優先になります。府中本山のみで

受付時間は 午前9:00~午後2:30 の

間に なります。

当日火葬後 ご返骨 又は、三回忌(2年間)

まで 無料にて 僧侶供養のもと 納骨堂に

ご安置いたします。

 

他所にて 火葬された ご遺骨

納骨堂に 納骨出来ます。

納骨堂へ 個別に納骨 2年間毎に 30.000円

税込にて 納骨出来ます。

 

その後 合同供養塔への 埋葬する場合の 合同供養料

当院で 火葬された ご遺骨の 場合

5.000円(税込)

他所で 火葬された ご遺骨の 場合

10.000円(税込)

 

 

以上となっております。ご理解と ご協力を お願い致します。

 

 

「慈恵院納骨堂使用規定」

(目的)

第一条  この規定は、慈恵院納骨堂の管理使用に関する基準を

定め、その管理、使用の適正化を図ることを目的とする。

 

(管理者)

第二条  納骨堂は、宗教法人慈恵院が管理する。

 

(使用資格)

第三条  納骨堂の使用を希望する者は、本使用規定に従うことを

前提とする。

 

(継続費用)

第四条  使用者は、別に定める継続費用を所定の時期に納入

しなければならない。

 

(第四条に定める費用)

第五条  一、継続費用は、2年間30.000円(お骨壺は合計3壺

まで)とする。

二、継続時期に合祀を希望される場合は、永代供養料

又は、埋葬費用としてお志を納めることとする。

 

(使用者の義務)

第六条  一、当院、住職の意向に従わなければならない。

二、使用者は、氏名及び住所等の変更があった場合、

遅滞なく速やかに届け出なければならない。

三、使用者は、継続費用の未納分がある場合、

解約時(合祀希望も含む)に全て納入しなければ

ならない。

 

(使用権の解除)

第七条  次の場合、管理者である宗教法人慈恵院は、納骨堂の

使用を解除し永久合祀する事が出来る。

一、使用者が死亡し、その相続人から継承する旨の

届け出がなく5年が経過した場合。

二、使用者が継続費用を4年間(継続二期分)以上

滞納した場合。

三、使用者の所在が不明となり連絡が取れなくなって

5年が経過した場合。

四、その他、法令または、この使用規定に違反した

場合。

 

(不可抗力による免責)

第八条  納骨堂内で起こる自然災害等の不可抗力による事故、

又は、第三者によって生じた事故並びに盗難などに

ついては、当院はその責任を負わない。

 

(規則の改定と適用)

第九条  上記の使用規定は当山理事会の決議を経て改定

されることがある。

 

 

平成28年1月1日 宗教法人 慈恵院

 

 

 

 

東京ペット葬儀  慈恵院  事務局

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/04/28

ほとけさまのおしえの紹介と・横浜市・中区への方へ、東京ペット葬儀のご案内。

DSC_1417

DSC_1417

東京ペット葬儀 慈恵院 事務局です。

慈恵院では 「ほとけさまのおしえ」という

タイトルの 小冊子を 差し上げています。

この小冊子は 財団法人 全国青少年教化協議会で

初版発行が 1965年に発行され すでに 第25刷

になる 長い歴史があります。

 

ここに ご紹介いたしますので ご拝読下さい。

 

「ほとけさまのおしえ」

 

わたしたちのねがい

 

(底ぬけに 人を信ずる人間と なろう)

 

あの人にも この人にも 太陽にも 空気にも

まもられていきる わたしたち

みんなを 信じよう

どんな人にも 美しい ことば

あたたかい ことばで 話しかけよう

ほとけさまは 底ぬけに わたしたちを

信じていて くださる

ほとけさまの ねがいのなかに

底ぬけに 人を 信ずる 人間と なろう

 

(よろこんで あたえる人間と なろう)

 

ものが あれば ものを

ちからが あれば ちからを

ちしきが あれば ちしきを

みんなに あたえよう

なければ 自分の なかに そだてて

あたえよう

花は 美しさを おしまず

小鳥は たのしい 歌を おしまない

だれにでも あたえている

あたえる とき 人は ゆたかになり

おしむ とき いのちは まずしくなり

よろこんで あたえる 人間と なろう

 

(いのちを たいせつにする 人間と なろう)

 

たった ひとつの とおとい いのち

ほとけさまは いのちの あらわれ

草も 木も 鳥も 魚も みんな

いのちを たいせつにして いきている

きびしい しぜんの なかに

いきぬく いのち ちから づよい いのち

ふしぎな いのち

この いのちの とおとさを

ほとけさまが おしえて くださる

いのちを たいせつにする 人間に なろう

 

(かんがえ ぶかい 人間と なろう)

 

どんな ときでも じぶんで よく きき

よく みて かんがえよう

ほとけさまは ちえの ひかり

ふかい かんがえ から うまれた しずけさ

わたしたちは しずかに おちついて かんがえ

なにごとにも さいごまで やりとげよう

ちしき だけではなく みについた ちえを

みがこう かんがえぶかい 人間と なろう

 

(しめいに いきる 人間と なろう)

 

みんなの しあわせの ために いきている

人は うつくしい

じぶんの ことだけ しか かんがえない

人は こころが せまく さびしい

ほとけさまは すべての人が

しあわせに なる 道を さとられた

ひとのために 社会の ために いきる

それが わたしたちの とおとい しめい

あたえられた ちからを もって

せいじつに ゆうきを もって

せいいっぱい はたらこう

しめいに いきる 人間と なろう

 

(規律ある しあわせを よろこぶ 人間と なろう)

 

しあわせは 正しい きりつ から うまれる

お金が あっても 長いき しても

きりつが なければ 不幸な 人

からだも 心も けんこうで きびきび 動き

仕事に はげむ そこに 強く 明るく

正しい 生活の リズムが ある

よろこびと 感謝が ある

規律ある しあわせを よろこぶ 人間と なろう

 

財団法人 全国青少年教化協議会 発行の 小冊子

「ほとけさまのおしえ」の ご紹介です。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

神奈川県 横浜市 中区で

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養が

横浜市 中区 に お住いの方々、

ご利用いただいた方々 又 口コミで

評判の ペット霊園

東京ペット葬儀 慈恵院の ご案内を

させていただきます。

 

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

お探しの方は ご参考にして下さい。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は 府中本山と

足立別院を 有し 数多くの

横浜市 中区に お住いの方々に

ご利用いただいております。また ご利用を

いただいた方々より 口コミで 大変

良い評判を 頂戴しております。

 

大正時代から およそ100年の 歴史を持つ

日本最大級の ペット霊園で ペット供養の

総本山として 100万件を 超える 数多くの

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

執り行って ペットたちの 安らかな眠りを

守り続けて 参りました。

 

1年 365日 開園しております。皆さまは

いつでも 開園時間内(午前8時より午後5時迄)

に 一年を通して お参りになれますし

ご家族皆様で お参りになられる人々が

絶えることが ありません。

 

横浜市 中区に お住いの方は 無料で

ペット専用保冷車にて お迎えをいたします。

(自宅まで お迎えにお伺いいたします)

専任の僧侶による 供養のもと(皆様の

お申し出による ペットの供養だけでなく)

僧侶による 日々の供養を 本堂にて

朝課(朝の読経)晩課(夕方の読経)を

毎日行っています。

 

日々の供養は 皆様の参加は 無料です。

ご希望の方は ご参加下さい。

 

個別の 永代供養も 行っています。

毎月最終日曜日には 午後1時より

「竹生苑」において 月例法要も

行っています。皆様の ご参加も無料で

自由に 参加できます。ご希望の方は

12時40分までに 寺院受付まで

いらしてください。

 

僧侶による 供養のもと 皆様の

「小さな家族」の 旅立ちを 安心して

お任せ下さい。

大切なのは「どれだけ 心を こめたか」です。

 

合同火葬は 合同墓所に 埋葬し 合同供養料は

無料です。(永代供養の費用も 含まれております

ので 以後の 管理費用も 必要ありません)

個別火葬は 納骨堂に 2年間 無料にて

安置いたします。

 

立会火葬は 納骨堂に 2年間 無料にて

安置いたします。

 

個別火葬・立会火葬は 納骨費用、お骨壺費用も

含まれております。

 

立会火葬限定の 送迎は 送迎地域外と成りますので

送迎は いたしておりません。

 

府中本山に ご来寺いただける方は 立会火葬を

お引き受け させて いただいております。

 

2年目以降は 納骨の継続・お骨のお持ち帰り

お骨の合同供養塔への合祀 を 選べます。

皆様で ご検討してください。

 

東京ペット葬儀 慈恵院 の ペット葬儀の

費用には 毎日朝晩の ご供養・2年間の

安置管理・動物月例法要・合同火葬埋葬費用・

ご遺体の訪問取引費用 が 全て含まれた葬祭料で

ありますので、低料金で 質の高いサ-ビスを

ご安心して お受けしていただき

ご利用していただけます。

 

墓石を建立できる 墓地(府中本山)や

(石材業者も ご紹介いたします) 高級霊座も

充実(金龍殿など)しております。

 

日々 いつも 火葬の技術向上や 環境問題、

地域貢献へ 取り組み、日本国内最大規模を

誇る 総合施設の ペット霊園で 充実した

体制と 低料金の ご費用で 「小さな家族」

ペットたちの ご供養をいたします。

 

固定火葬炉は 最新式の 環境基準に適合した

ダイオキシンが 発生しない 火葬炉です。

近年 ペット火葬を 移動火葬車で 行う

業者も 増えていますが、利便性が良いようにも

聞こえますが 移動火葬車は 環境問題、

火葬能力、安全問題、道路交通法 等に抵触

しうる 様々な 問題を抱えております。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は 家族と一緒に

暮らしてきた 動物たちも 人間に準じた

ペットたちの 火葬は 最新式の固定火葬炉

にて 丁重に 火葬・荼毘(だび)に付し

お骨上げ まで 丁寧に 執り行います。

 

各界の 著名人も 数多く ご利用いただき

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

執り行っています。

 

お参りの際の お花・お線香 なども

専用の お花場にて 取り揃えておりますので

(有料となります)手ぶらで お参りできます。

 

お参りの後の 精進落しの場 として

お食事処「慈庵」も 営業しております。

お食事やご歓談に 安心して 安らぐ

場所も 食事所も ございますので

ご利用いただければ 幸いです。

お蕎麦の 評判が とても良いお褒めの

お言葉を 多数頂戴しております。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は お迎え・葬儀・

火葬・埋葬・納骨・供養 と すべての

ご要望に お応えできる 日本最大級の

施設を 誇る 歴史と伝統 有る

ペット専門の ペット霊園 寺院です。

 

横浜市 中区 に お住まいで ペット葬儀

ペット火葬・ペット供養を お探しの方は

0120-121-940 フリ-ダイヤル

(ワンニャンいいくよう)まで

お問い合わせください。

 

丁寧に 施行内容 プラン 施設内容 等を

ご説明 ご対応 させていただきます。

 

また 事前相談や ペットに関する 疑問

質問 等にも ご対応 させていただきます

ので ご連絡を お待ちしております。

 

フリ-ダイヤル 0120-121-940

(ワンニャンいいくよう)の 無料通話は

午前8:00時より 午後7:00時まで

お受けいたします。

 

 

ゴ-ルデンウイ-ク 連休に 入ります。

ツツジの 花が 綺麗に 咲いています

どうぞ 連休の 少しのお時間でも

お参りに お見えに なりませんか

可愛い わが子達が 皆様の ご参詣を

また 職員一同 皆様が

お見えになられる事 心より  お待ち

申し上げています。

 

 

東京ペット葬儀  慈恵院  事務局


慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/04/27

横浜市・西区でペット葬儀・ペット火葬をお探しの方へ、東京ペット葬儀のご案内。

DSC_1416

DSC_1416

神奈川県 横浜市 西区で

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養が

横浜市 神奈川区 に お住いの方々、

ご利用いただいた方々 又 口コミで

評判の ペット霊園

東京ペット葬儀 慈恵院の ご案内を

させていただきます。

 

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

お探しの方は ご参考にして下さい。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は 府中本山と

足立別院を 有し 数多くの

横浜市 西区に お住いの方々に

ご利用いただいております。また ご利用を

いただいた方々より 口コミで 大変

良い評判を 頂戴しております。

 

大正時代から およそ100年の 歴史を持つ

日本最大級の ペット霊園で ペット供養の

総本山として 100万件を 超える 数多くの

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

執り行って ペットたちの 安らかな眠りを

守り続けて 参りました。

 

1年 365日 開園しております。皆さまは

いつでも 開園時間内(午前8時より午後5時迄)

に 一年を通して お参りになれますし

ご家族皆様で お参りになられる人々が

絶えることが ありません。

 

横浜市 西区に お住いの方は 無料で

ペット専用保冷車にて お迎えをいたします。

(自宅まで お迎えにお伺いいたします)

 

専任の僧侶による 供養のもと(皆様の

お申し出による ペットの供養だけでなく)

僧侶による 日々の供養を 本堂にて

朝課(朝の読経)晩課(夕方の読経)を

毎日行っています。

 

日々の供養は 皆様の参加は 無料です。

ご希望の方は ご参加下さい。

個別の 永代供養も 行っています。

 

毎月最終日曜日には 午後1時より

「竹生苑」において 月例法要も

行っています。皆様の ご参加も無料で

自由に 参加できます。ご希望の方は

12時40分までに 寺院受付まで

いらしてください。

 

僧侶による 供養のもと 皆様の

「小さな家族」の 旅立ちを 安心して

お任せ下さい。

大切なのは「どれだけ 心を こめたか」です。

 

合同火葬は 合同墓所に 埋葬し 合同供養料は

無料です。(永代供養の費用も 含まれております

ので 以後の 管理費用も 必要ありません)

 

個別火葬は 納骨堂に 2年間 無料にて

安置いたします。

 

立会火葬は 納骨堂に 2年間 無料にて

安置いたします。

 

個別火葬・立会火葬は 納骨費用、お骨壺費用も

含まれております。

 

立会火葬限定の 送迎は 送迎地域外と成りますので

送迎は いたしておりません

府中本山に ご来寺いただける方は 立会火葬を

お引き受け させて いただいております。

 

2年目以降は 納骨の継続・お骨のお持ち帰り

お骨の合同供養塔への合祀 を 選べます。

皆様で ご検討してください。

 

東京ペット葬儀 慈恵院 の ペット葬儀の

費用には 毎日朝晩の ご供養・2年間の

安置管理・動物月例法要・合同火葬埋葬費用・

ご遺体の訪問取引費用 が 全て含まれた葬祭料で

ありますので、低料金で 質の高いサ-ビスを

ご安心して お受けしていただき

ご利用していただけます。

 

墓石を建立できる 墓地(府中本山)や

(石材業者も ご紹介いたします) 高級霊座も

充実(金龍殿など)しております。

 

日々 いつも 火葬の技術向上や 環境問題、

地域貢献へ 取り組み、日本国内最大規模を

誇る 総合施設の ペット霊園で 充実した

体制と 低料金の ご費用で 「小さな家族」

ペットたちの ご供養をいたします。

 

固定火葬炉は 最新式の 環境基準に適合した

ダイオキシンが 発生しない 火葬炉です。

 

近年 ペット火葬を 移動火葬車で 行う

業者も 増えていますが、利便性が良いようにも

聞こえますが 移動火葬車は 環境問題、

火葬能力、安全問題、道路交通法 等に抵触

しうる 様々な 問題を抱えております。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は 家族と一緒に

暮らしてきた 動物たちも 人間に準じた

供養をし 葬儀・火葬・納骨を 行います。

 

ペットたちの 火葬は 最新式の固定火葬炉

にて 丁重に 火葬・荼毘(だび)に付し

お骨上げ まで 丁寧に 執り行います。

 

各界の 著名人も 数多く ご利用いただき

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

執り行っています。

 

お参りの際の お花・お線香 なども

専用の お花場にて 取り揃えておりますので

(有料となります)手ぶらで お参りできます。

 

お参りの後の 精進落しの場 として

お食事処「慈庵」も 営業しております。

お食事やご歓談に 安心して 安らぐ

場所も 食事所も ございますので

ご利用いただければ 幸いです。

お蕎麦の 評判が とても良いお褒めの

お言葉を 多数頂戴しております。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は お迎え・葬儀・

火葬・埋葬・納骨・供養 と すべての

ご要望に お応えできる 日本最大級の

施設を 誇る 歴史と伝統 有る

ペット専門の ペット霊園 寺院です。

 

横浜市 西区 に お住まいで ペット葬儀

ペット火葬・ペット供養を お探しの方は

0120-121-940 フリ-ダイヤル

(ワンニャンいいくよう)まで

お問い合わせください。

丁寧に 施行内容 プラン 施設内容 等を

ご説明 ご対応 させていただきます。

 

また 事前相談や ペットに関する 疑問

質問 等にも ご対応 させていただきます

ので ご連絡を お待ちしております。

 

フリ-ダイヤル 0120-121-940

(ワンニャンいいくよう)の 無料通話は

午前8:00時より 午後7:00時まで

お受けいたします。

 

 

東京ペット葬儀 慈恵院 事務局の鈴木です

先日 あるお寺で 和尚様から 法話を

聞く 機会が有りまして とても良い ご法話

でしたので ここに ご紹介させて いただきます。

 

「人生 と 種 」

 

寒き厳しい冬も和らぎ、春の訪れを 感じ取れる

ようになりました。お彼岸になれば ご先祖の

お墓参りですね。

 

この風習は 日本でしか 見られず、インドや

中国には ありません。

 

仏教が伝わる以前から 稲作が 盛んだった

日本では、太陽を とても 大切にしていました。

 

ですから 日本人にとって、太陽が 真東から

昇り 真西に沈む お彼岸は、お祈りする時季と

なったのです。

 

仏教では、極楽浄土は 西方にあると 言われて

います。そのため 人々は、真西に 沈む太陽の

その先に 極楽浄土が あると 考え、ご先祖の

供養として お彼岸が 馴染んでいきました。

 

仏教が 生活に馴染むにつれて、人々のものの

見方も 変わっていきました。

 

たとえば、森や川などの 自然に 人が 無理やり

手を加えることは、神さま 仏さまが 造られた

ありのままの 自然を 壊してしまう ことになる

ので、生きるうえで 必要以上の ことを しては

ならないと 気をつけるように なりました。

 

お金や 力を 振りかざして 成功しようとすると、

人を 傷つけ 自分も 傷つき 成功するものも

失敗し、不自然な 結果に なってしまうと

考えたのです。

 

美味しい お米を 作るには、綺麗な 水と

栄養と 太陽の光が 必要です。

 

人も 同じように、幸せの種を 心の中で

一生懸命に 育てているのです。

 

人から 奪ったもので 育てた 種は、どんな花を

咲かせるでしょうか。

 

そうならない ために 仏さまは、私たちに

蓮華の種を 一つ くださりました。

 

蓮の花は、 お釈迦さまが お生まれになった

時に 咲いたと 言われています。

 

蓮は 泥の中から 美しい花を 咲かせます。

これは 嫌なことや 悪いことが あっても、

染まらず 正しく 生きる人間の あるべき姿を

見せて くれているのです。

 

楽は 苦の 種、苦は 楽の 種 という

ことわざ があります。

 

楽をした後には 苦労を味わい、苦労の後には

楽ができる という意味です。

 

今 苦労を しておけば 後の 楽に 繋がる

のです。

 

将来の ために 苦労も 耐えて 種を 育てて

いきましょう。

 

何年かかっても いいのです。目標に 向かって

がんばった 経験は、きっと 心の種に

届くでしょう。

 

こんな 素晴らしい 法話を 聞いてきました。

そして 最後に こんな 言葉も 聞きました。

 

「明暗、他に非ず。則ち信修すれば、忽ちに

証す。」(みょうあん、たにあらず。すなわち

しんじゅう すれば、たちまちにしょうす。)

 

悟りの世界と 迷いの世界は 自分の内部に

あるのだから、信じて 努力すれば たちどころに

悟りの世界は 開ける。

 

という お話を 最後に 聞かせて 頂きました。

これも 本当に 素晴らしい 法話 教えだと

思います。 日々 心に かみしめ 精進して

いけたらと 思います。なかなか 難しい

ことですが。和尚様の ご法話を ご紹介させて

いただきました。

 

 

東京ペット葬儀   慈恵院   事務局

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ペット葬儀や納骨、法要まで信頼と実績ある東京の慈恵院より最新のお知らせです

日本最大級のペット専門寺院として東京で歴史ある慈恵院では、新着情報コーナーにて最新のサービスのご案内や、月例法要、お彼岸、お盆などの行事のご案内、僧侶による法話のご案内などを致しております。
ペット葬儀についてお考えの方や、ペットロスでお苦しみの方、他で火葬されたご遺骨の納骨場所やご供養についてお悩みの方もぜひご覧ください。当院では専任の僧侶が常駐しており、ペットロスを癒す法話やご相談もお受けしております。
ペット葬儀の事前相談をはじめ、突然亡くなられてどう対処すべきか分からないとお困りの方も、専門の相談員がおりますのでフリーダイヤルにご連絡ください。お気持ちも落ち着くアドバイスや、ご遺体をお迎えに上がるまでの対応についてご案内させていただきます。

PAGE TOP