日本最大級ペット専門寺院 お迎えから、ペット葬儀(火葬)、供養、納骨、埋葬まで一貫施行

0120-121-940

メールでのお問合せ

日本最大級ペット専門寺院 お迎えから、ペット葬儀(火葬)、供養、納骨、埋葬まで一貫施行

2016/11/02

慈恵 季刊誌

慈恵 季刊誌より 読者 F k さんの投稿の紹介を

させていただきます

 

去年の夏マリ-は逝った

小平市 F K

 

18年3ヶ月の間、共に暮らした愛犬のマリ-が、

この世を去って、早や1年。7月24日に一周忌を

迎え、慈恵院のご住職様に法要をしていただきました。

この1年、1日とてマリ-を忘れたことはなく、涙が

ふいに出てきて、胸が痛くなることもありましたが、

ご住職様の 命あるものは いつかは その命を

閉じることは 宿命であるが、残されたものが

その生命体の生前の姿を覚えている間は その人の

心の中で生き続けている と いうお話に

心にポッカリ空いた穴がス-ッと埋められた

ような気がしました。

生後40日位で我が家に来たときは、マリ-は

片手に乗るくらいの大きさでしたが、数週間のうちに、

かつての牧羊犬の本能を発揮し始め、家の中を縦横無尽に

走り回り、まるで動くぬいぐるみのようでした。

散歩の時は、近くの大学のグランドをサッカ-選手の

ように駆け巡っていました。性格は非常に素直で

人間の心の動きを察するのに長けており、朝などは、

目覚まし時計の役割までしてくれました。

留守番をさせたときに、トイレの失敗をしたり、

テイシュぺ-パ-を部屋中に散らかしたりしたときには

いつも元気はなく、部屋の隅でしょんぼりとうなだれていたのを

思い出します。マリ-ちゃん、寂しかったのね。

留守番させて ごめんね。と言うと許してもらえたという

喜びを全身で表現するかのように、尾をちぎれるように

ふりながら、飛びついてきたのもしばしばでした。

そんなに元気だったマリ-も10歳を迎える頃から

老化が進み、しだいに階段を上がれなくなり、

目や耳や鼻も衰え始め、帰宅したときに玄関に

転げるように出てきて迎えてくれることもなくなり、

老いるという現実を私たちに教えてくれました。

内臓の機能も衰え、何回も発作を起こして意識を失い

もうだめかもしれないと思い始めたのは、

亡くなる2年ほど前からでしたが、お医者さんの適切な

治療により、その都度 奇跡的に元気を取り戻しました。

亡くなる5日くらい前から 何も口にしなくなり、

梅雨の晴れ間の太陽がまぶしいほどに輝いていた朝、

私たちの見守るなか、ろうそくの火が消えるように、

静かに息を引き取りました。

年齢からすれば、年には不足はなく、マリ-の死を

知らせて お医者さんに、あの心臓で よくがんばりましたね

と言われたほどの大往生だったと思います。でも、

まだ生きていて欲しかった。そして欲深な私たち人間に、

えさと お水と 散歩しか 要求しなかった生き方で、

足るを知る ということを 身をもって教え続けて欲しかった。

子供のいない私たちにとっては、マリ-は、犬ではなく

娘だったと思います。そして、その一生を通して生きると

いうこと、老いるということ、死を迎えるということを

教えてくれました。どんな言葉をもってしてもマリ-への

感謝の気持ちは言い表せません。私たちが生きている限り、

マリ-は 私たちの心の中で生き続けています。

マリ-よ、我が家に来てくれて 本当にありがとう。

安らかに ねむれ!

合掌

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/01

慈恵 季刊誌より

季刊誌 慈恵より 読者 樋口百合子 さんよりの

投稿の紹介を させていただきます。

 

ゆき、あやと ありがとう

町田市 樋口百合子(32)

 

ゆき、あやとが天国に旅立って、もう今年で6年になるんですね。

6年前は私は妊娠をしており、梅雨に入った雨の日、近所の方が

ゴミ袋に入ってた子猫がいる と家におしえてくれました。

そう、ゴミ袋に入っていたのが、あやと です。

そして後日又も、近所の方が、材木の所でうずくまっている

ゆき を見つけてくれました。家に帰ってすぐに、体を温め

ミルクを飲ませているのですが、食欲がなく、すぐに動物病院

に行きました。病名は猫のかぜ との事でしたが、先生は まだ

免疫もない 子猫だし、衰弱しているからと、そのまま入院に

なりましたが、その後日、動物病院から連絡があり、いま

ゆきちゃんが息をひきとりました との連絡がありました。

動物病院に すぐに行き先生は この子は肺炎もおこしていたから

と言われました。ゆきを見た時 がんばったね と 一言しか

言えません。主人は まだ ゆきになにもしてあげられなかった

と 言い夫婦で泣きました。そして2週間近くして、今度は

あやと の体調が悪くなり、すぐに病院に連れて行きましたが、

後日 あやと も 天国に・・・・・。

あやと の姿を見て、家に来たよりかは 少し大きくなって

いましたが、本当に ゆき あやと になにもしてやれず、

一緒にあそぶ事や、お出かけもできずに、二人共 天国に

旅立ってしまいました。そして10月に長男が生まれ、

私達夫婦は、命の大切さを教え、 ゆき あやと の事も

教えました。三年前の命日の日、お墓参りに行った時、

うちの子が 黒い猫ちゃん 二ついるよ と 私に

教えてくれました。もしかして、ゆき あやと ではないか

と思っています。ただ 長男は時々、ママが大泣きしていた事や

お経の音が したと言います。もしかして、お腹の中に

いる時に、聞いたのではと私は思います。

ゆき あやと に出会い、又 命の大切さを感じ、長男も、

ゆき あやと との思い出もなく、見た事もないのですが、

空をみると ゆきちゃん あやとちゃん は あの星かな

と いつも私に聞いてきます。長男は今年で6歳 命の大切さや

動物 生き物には やさしい子になっています。

本当に ゆき あやと ありがとう。いつまでも、私達家族を

見守っててください。 ゆき あやと ありがとう。

ママ、パパ、清吾

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/31

季刊誌 慈恵

季刊誌 慈恵より 読者 杉並区 松本 愛さんよりの

投稿の紹介をさせていただきます。

 

ミ-ちゃんの贈り物

杉並区 松本 愛 (71)

 

なあ-、ミ-ちゃん、呼びかけてみるだけで まだ 目が

うるむのです。玄関を開けるとき、今も飛び出してきそうで、

そっと開けています。でも四十九日を機会に、ね、ミ-ちゃん、

その青い眼でじっとみつめて、馬鹿ね なんていわれそうだから、

仏様に お預けすることにしました。 ミミとの出会いは、十年前

夫の入院先で、ヘルパ-さんが連れてきてくれたのです。

トイレのしつけなど きちんと出来た おきゃんな 雌猫でした。

元気がよいので、ミ-スケと呼びながら、しかし、夫と自分自身の

ことで手いっぱい、甘えたかった頃かまってやる ことが

出来ませんでした。それでも ミ―スケは、足元にまとわりつきながら、

一人の生活の淋しさや悲しみを和らげてくれたのです。

十年共に暮らし、すっかり私の宝となっていたミ-スケが 三月に

病死してしまいました。 昨年秋、私は大怪我をして、そのまま入院

してしまい、ミ-スケは いつもお願いしているホテルの店長に 拉致

されて、そのまま二ヶ月が過ぎたのです。それが どんなに大きな

ストレスだったか、仕方なかったとはいえ、可哀想な出来事でした。

発病して治療法がないとの獣医師の話に、私は手元で最後を看取る

ことにしたのです。徹夜が二日程ありましたが、怪我のため

不自由になっている 私の手の中で永眠りました。

ミ―スケがいなくなってポッカリ穴のあいたような日々だけど、

このゆったり、ぼんやりした時間こそ、ミ-ちゃんのプレゼント

だと思い、心おきなく養生をして しっかりと この怪我を

直すことを ね、ミ-ちゃん約束します。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/28

葛飾区 コ-ギ-のモモちゃん

享年12歳 モモちゃんのために旅行用の車を購入し47都道府県全て回られ、

おとなしくて人なっこい性格のモモちゃんは どこに行っても人気ものだったそうです。

宿泊ができない宿の時は 駐車場などで 一晩中エンジンをかけたまま過ごされる

こともしばしばでした。

海が大好きで車窓から見えただけで おおさわぎになってしまうほどだったモモちゃん。

最後は後ろ脚が悪くなってしまい、海はもちろん お散歩も ままならなくなってしまいました。

それでも 亡くなる3日まえまで ほんの100メ-トルほどですが 毎日お散歩していたそうです。

年配の御夫婦に見送られて 立会葬儀プランでの葬儀となりました。

虹の国 向こうに行ったら 好きなだけ泳いで散歩してくださいね。

心より ご冥福をお祈りいたします。

 

DSC_0471

DSC_0471

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/27

季刊誌 慈恵

DSC_0321

DSC_0321

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/26

季刊誌 慈恵 よりの 紹介です

平成28年 秋号より 読者 高島順風さんよりの

投稿の 紹介を させていただきます

 

DNAが活きるのか

小平市 高島 順風 (86)

 

鶏好きの親父は、飼育鶏の世話で時を時を忘れ学校に遅刻したとか。

現役が済んで何がしかの分与を受け上京。下町で生活をするが、今度は

家禽にのめりこみ、鳥なかまとの交流で、十姉妹などの竹籠をふやし

散財、大正の時代に十姉妹の白が百円もしたと聴かされた。

その息子は、伝書鳩に熱をあげ親に反対されたが、何とか資金を

つくり鳩を飼育した。しかし戦争がはげしくなると、飼料の購入が

困難となり遂に手放すことになった。出来ることなら動物園で

働きたかったが、時代が許してくれなかった。ある時、入学前の

娘がしゃがみこんで、何かをジッと見つめている。アリの行列を

観察していたのだ。庭にいるカマキリや山椒につくアゲハの幼虫

などに興味をもって眺めていた。その後わたしが鶏を飼育すると、

何かにつけいい助手を務めてくれた。

家禽類の飼育も魅力はあるが、やはり犬の飼育がしてみたい、叶わぬ

ことながら大型犬に夢がある。仕方がない人様の散歩犬や品評会などを

見て満足していた。何時の間にか、アリを観察していた娘が三人の母親と

なり、末っ子の入学を期に社宅から新築住宅に転居することになった。

そこで古稀過ぎの老夫婦は、大奮発の祝儀袋を渡した。何と、それは

血統書付きの犬となってしまった。何でも五人家族の合意で長年の希望

であったとか。祝儀の用途に注文はないが、老夫婦の価値観をなげいてみた。

さて、娘に伝えたことは、世間の飼育事例からすると、子供の要望で犬を

入手し、最初は子供達が積極的に世話をするが、学校等が忙しくなると

親に依存し、母親の負担が重くなる。この辺を覚悟して犬を欲求不満に

させないよう、家族の一員として世話をしてほしいと望んだ。

可愛いかった子犬は、今年十三才となる。世話は、両親と三人姉弟の

交替制が守られている。それに飼主は、長女と犬が認識しているようだ。

三人が大学生となり、学業もバイトそれなりにやっている。長女がまあ

の大学を卒業、まあまあの会社に、就職することを予測していたら、

動物に関連する会社に合格。溌剌と通勤している。

代々、動物好きの家系のDNAが、この孫に伝わったかもしれない。

どうか動物と人間の幸せのため、最後までいい関係で終活できるよう、

たのしんでリ-ダ-を務めてほしいと爺婆は願っている。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ペット葬儀や納骨、法要まで信頼と実績ある東京の慈恵院より最新のお知らせです

日本最大級のペット専門寺院として東京で歴史ある慈恵院では、新着情報コーナーにて最新のサービスのご案内や、月例法要、お彼岸、お盆などの行事のご案内、僧侶による法話のご案内などを致しております。
ペット葬儀についてお考えの方や、ペットロスでお苦しみの方、他で火葬されたご遺骨の納骨場所やご供養についてお悩みの方もぜひご覧ください。当院では専任の僧侶が常駐しており、ペットロスを癒す法話やご相談もお受けしております。
ペット葬儀の事前相談をはじめ、突然亡くなられてどう対処すべきか分からないとお困りの方も、専門の相談員がおりますのでフリーダイヤルにご連絡ください。お気持ちも落ち着くアドバイスや、ご遺体をお迎えに上がるまでの対応についてご案内させていただきます。

PAGE TOP