日本最大級ペット専門寺院 お迎えから、ペット葬儀(火葬)、供養、納骨、埋葬まで一貫施行

0120-121-940

メールでのお問合せ

日本最大級ペット専門寺院 お迎えから、ペット葬儀(火葬)、供養、納骨、埋葬まで一貫施行

2018/04/04

横浜市・神奈川区でペット葬儀・ペット火葬をお探しの方へ、東京ペット葬儀のご案内。

神奈川県 横浜市 神奈川区で

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養が

横浜市 神奈川区 に お住いの方々、

ご利用いただいた方々 又 口コミで

評判の ペット霊園

東京ペット葬儀 慈恵院の ご案内を

させていただきます。

 

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

お探しの方は ご参考にして下さい。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は 府中本山と

足立別院を 有し 数多くの

横浜市 神奈川区に お住いの方々に

ご利用いただいております。また ご利用を

いただいた方々より 口コミで 大変

良い評判を 頂戴しております。

 

大正時代から およそ100年の 歴史を持つ

日本最大級の ペット霊園で ペット供養の

総本山として 100万件を 超える 数多くの

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

執り行って ペットたちの 安らかな眠りを

守り続けて 参りました。

 

1年 365日 開園しております。皆さまは

いつでも 開園時間内(午前8時より午後5時迄)

に 一年を通して お参りになれますし

ご家族皆様で お参りになられる人々が

絶えることが ありません。

 

横浜市 神奈川区に お住いの方は 無料で

ペット専用保冷車にて お迎えをいたします。

(自宅まで お迎えにお伺いいたします)

 

専任の僧侶による 供養のもと(皆様の

お申し出による ペットの供養だけでなく)

僧侶による 日々の供養を 本堂にて

朝課(朝の読経)晩課(夕方の読経)を

毎日行っています。

 

日々の供養は 皆様の参加は 無料です。

ご希望の方は ご参加下さい。

 

個別の 永代供養も 行っています。

 

毎月最終日曜日には 午後1時より

「竹生苑」において 月例法要も

行っています。皆様の ご参加も無料で

自由に 参加できます。ご希望の方は

12時40分までに 寺院受付まで

いらしてください。

 

僧侶による 供養のもと 皆様の

「小さな家族」の 旅立ちを 安心して

お任せ下さい。

大切なのは「どれだけ 心を こめたか」です。

 

合同火葬は 合同墓所に 埋葬し 合同供養料は

無料です。(永代供養の費用も 含まれております

ので 以後の 管理費用も 必要ありません)

 

個別火葬は 納骨堂に 2年間 無料にて

安置いたします。

 

立会火葬は 納骨堂に 2年間 無料にて

安置いたします。

 

個別火葬・立会火葬は 納骨費用、お骨壺費用も

含まれております。

 

立会火葬限定の 送迎は 送迎地域外と成りますので

送迎は いたしておりません

府中本山に ご来寺いただける方は 立会火葬を

お引き受け させて いただいております。

 

2年目以降は 納骨の継続・お骨のお持ち帰り・

お骨の合同供養塔への合祀 を 選べます。

皆様で ご検討してください。

 

東京ペット葬儀 慈恵院 の ペット葬儀の

費用には 毎日朝晩の ご供養・2年間の

安置管理・動物月例法要・合同火葬埋葬費用・

ご遺体の訪問取引費用 が 全て含まれた葬祭料で

ありますので、低料金で 質の高いサ-ビスを

ご安心して お受けしていただき

ご利用していただけます。

 

墓石を建立できる 墓地(府中本山)や

(石材業者も ご紹介いたします) 高級霊座も

充実(金龍殿など)しております。

 

日々 いつも 火葬の技術向上や 環境問題、

地域貢献へ 取り組み、日本国内最大規模を

誇る 総合施設の ペット霊園で 充実した

体制と 低料金の ご費用で 「小さな家族」

ペットたちの ご供養をいたします。

 

固定火葬炉は 最新式の 環境基準に適合した

ダイオキシンが 発生しない 火葬炉です。

 

近年 ペット火葬を 移動火葬車で 行う

業者も 増えていますが、利便性が良いようにも

聞こえますが 移動火葬車は 環境問題、

火葬能力、安全問題、道路交通法 等に抵触

しうる 様々な 問題を抱えております。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は 家族と一緒に

暮らしてきた 動物たちも 人間に準じた

供養をし 葬儀・火葬・納骨を 行います。

 

ペットたちの 火葬は 最新式の固定火葬炉

にて 丁重に 火葬・荼毘(だび)に付し

お骨上げ まで 丁寧に 執り行います。

 

各界の 著名人も 数多く ご利用いただき

ペット葬儀・ペット火葬・ペット供養を

執り行っています。

 

お参りの際の お花・お線香 なども

専用の お花場にて 取り揃えておりますので

(有料となります)手ぶらで お参りできます。

 

お参りの後の 精進落しの場 として

お食事処「慈庵」も 営業しております。

お食事やご歓談に 安心して 安らぐ

場所も 食事所も ございますので

ご利用いただければ 幸いです。

お蕎麦の 評判が とても良いお褒めの

お言葉を 多数頂戴しております。

 

東京ペット葬儀 慈恵院は お迎え・葬儀・

火葬・埋葬・納骨・供養 と すべての

ご要望に お応えできる 日本最大級の

施設を 誇る 歴史と伝統 有る

ペット専門の ペット霊園 寺院です。

 

横浜市 神奈川区 に お住まいで ペット葬儀

ペット火葬・ペット供養を お探しの方は

0120-121-940 フリ-ダイヤル

(ワンニャンいいくよう)まで

お問い合わせください。

 

丁寧に 施行内容 プラン 施設内容 等を

ご説明 ご対応 させていただきます。

また 事前相談や ペットに関する 疑問

質問 等にも ご対応 させていただきます

ので ご連絡を お待ちしております。

 

フリ-ダイヤル 0120-121-940

(ワンニャンいいくよう)の 無料通話は

午前8:00時より 午後7:00時まで

お受けいたします。

 

東京ペット葬儀  慈恵院  事務局

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/04/03

東京ペット葬儀 慈恵院の健康チェック (咳ぜんそく)

東京ペット葬儀 慈恵院の 季刊誌「慈恵」に

なるほど健康チェックの コ-ナ-が 有ります。

今回は ながた内科クリニックの 永田先生に

咳ぜんそく について お話を伺って来ました。

ご紹介させていただきます。

 

「咳ぜんそく」

 

ながた内科クリニック

院長 永田 宏

 

●咳は体の防御反応

8週間以上続くと 要注意

 

咳は、呼吸器を守るための 防御反応です。

鼻や 口から 吸った空気は、気管支を

通して 肺に入ります。その際、ほこりなどの

異物が 侵入すると、それを 排除しようとして

反射的に 咳をします。

 

咳は、異物を からめっとた咳を 排出する

役割もしています。

 

こうした 一過性の咳は、基本的には

問題ありません。薬で 抑えると かえって

肺炎の 原因に なることも あるので、

特に 高齢者は 注意しましょう。

 

一過性の 咳とは 異なり、放っておいては

ならない 咳も あります。

 

咳を 一回すると 約2キロカロリ-を

消費する といわれ、咳を 頻繁に すれば

体力を 消耗しますし、夜中や 明け方に

咳き込むと 睡眠が 妨げられます。

そのうえ 重篤な 病気が 隠れている

こともあります。

 

咳の原因の 多くは、風邪やインフルエンザ

などの 感染症で、長引いたときでも

8週間程度で 炎症は なくなり、自然と

治ります。

 

しかし、8週間以上続く 咳は、

慢性咳嗽(まんせいがいそう)といわれ、

原因を 探索する 必要が あります。

 

ぜんそく、慢性閉塞性肺疾患(COPD),

肺がん などのほか、副鼻腔気管支症候群、

アトピ-咳嗽 などの 鑑別が 必要です。

 

胃酸の 刺激が 原因の 胃食道逆流症 や

心理的な 緊張や 神経の 過敏さが

影響して 咳が 続く場合も あります。

 

なかでも 年々増加しているのが

咳ぜんそく です。

 

● 咳ぜんそく を放置すると

3割が ぜんそく へ移行

 

咳ぜんそくは、男性よりも 女性に 多く、

ほとんどが 大人になってから 発症する

といわれています。

 

放置すると その3割は ぜんそくに 移行

します。

 

ぜんそくとは、気管支の 粘膜に 慢性的な

炎症が 起こり 過敏になる 疾患です。

過敏になった 気管支は 刺激を受けると

粘膜が むくんで 気道が 狭くなり、

空気の 流れが 悪くなって ぜんそく発作

が 起こります。

 

「ゴホンゴホン」という 痰が出る 湿った咳、

「ゼ-ゼ-・ヒュ-ヒユ-」という音(喘鳴)

(ぜいめい)、息苦しさ が 特徴で、

なかには 呼吸困難で 命を落とす 場合も

あります。

 

これに対して 咳ぜんそくは、気管支に

炎症が あるものの、ぜんそく ほどは

気道が 狭まく ならないため、

息苦しさや 喘鳴は ありません。

 

風邪から 発症することが 多いのですが、

何らかの 物質に対する アレルギ-症状から

過敏性だけが 残っている 場合もあります。

 

受動喫煙や 会話、冷機や暖気、季節の

変わり目、飲酒と いったことが 刺激となり、

「コンコン」という 乾いた咳が 出るのです。

 

「いったん 咳が 出ると 止まらない」

「夜や 早朝に 咳が ひどくなる」

「咳止めや 抗生物質では よくならない」

場合は、早めに かかりつけ医 や

呼吸器内科、アレルギ-科 を 受診しましょう。

 

●検査で正しい診断を 治療の原則は「根気よく」

 

咳は、その原因が 違えば 治療方法も 異なり

ます。受診すると 症状や 服用薬剤について

問診が 行われ、血液検査、胸部画像検査、

肺機能検査 などで ほかの 疾患の 可能性を

除外します。

 

咳ぜんそくは、症状から 判断するのは 難しい

ため、気管支拡張剤の 効果を 調べる

可逆性検査、気道過敏性検査 などにより

総合的に 診断します。

 

治療は、発作を 抑える 気管支拡張薬 と

炎症を 鎮める 吸入ステロイド薬 による

薬物療法が 中心です。

 

最近は 両者を 合わせた 吸入剤も あります。

適切に 使用すれば 副作用は 少なく、

長く 続けるのが 原則です。

 

咳ぜんそくは ぜんそくよりも 治りやすい

反面、再発しやすい 疾患です。

症状が 治まっても 自己判断しないで

ください。医師と相談しながら、病気への

理解を 深め、根気よく 治療を 続けましょう。

 

●咳が続く 期間と その原因

 

咳のはじまり(急性咳嗽)・・・3週間(慢性咳嗽)

感染症による咳 風邪、急性上気道炎など

 

8週間以上・・・

感染症以外の原因による咳 咳ぜんそく、

副鼻腔気管支症候群、胃食道逆流症、

アトピ-咳嗽、COPD(慢性気管支炎、肺気腫、

喫煙などによる)、気管支ぜんそく

 

●咳ぜんそくを 防ぐための 5か条

 

1)手洗いとうがいをしましょう

かぜやインフルエンザにかかると、気管支の

粘膜が炎症を起こし、咳ぜんそくが起こり

やすくなります。

 

2)気温の変化に注意しましょう

急激な気温の変化は、咳ぜんそくを悪化

させます。季節の変わり目など、服装、

エアコンなどで温度調節します。

 

3)過労を避け、ストレスをため込まないように

ストレスも、気管支を過敏にさせる原因です。

過労を避け、睡眠や休養を十分にとることを

心がけます。

 

4)喫煙や過度の飲酒を避けましょう

たばこの煙は気管支を刺激し、飲酒は体の中に

アセトアルデヒドという物質を産生し、気道を

収縮させます。

 

5)部屋をこまめに掃除しましょう

アレルギ-を引き起こす原因となる物質

(ハウスダスト、カビ、ペットの毛、花粉などの

アレルゲン)を排除します。

 

永田先生 詳しく 丁寧に お話を頂きまして

ありがとうございます。

平成30年 春号の 季刊誌「慈恵」の 掲示板

のコ-ナ-に 書かれている 教訓が有ります。

 

過去 と 他人 は 変えられない

 

未来 と 自分 は 変えられる

 

 

東京ペット葬儀 慈恵院では ペットの

葬儀・火葬・供養 を行っています。

事前相談も お受けしています。何か 御相談が

ございましたら 0120-121-940 フリ-ダイアル

(ワンニャンいいくよう)まで ご相談下さい。

丁寧に ご対応させていただきます。

また、ペットに関する 疑問 質問 等にも

ご対応 させていただきますので ご連絡を

お待ちしております。

 

フリ-ダイアル 0120-121-940

(ワンニャンいいくよう)の 無料電話は

午前8:00より 午後7:00まで

お受けいたします。

 

 

東京ペット葬儀 慈恵院  事務局

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
慈恵院
http://xn--9ckk6cu90pipcms7agkbk9z4r7d2swb.jp/
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町2-15-1
TEL:0120-121-940
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ペット葬儀や納骨、法要まで信頼と実績ある東京の慈恵院より最新のお知らせです

日本最大級のペット専門寺院として東京で歴史ある慈恵院では、新着情報コーナーにて最新のサービスのご案内や、月例法要、お彼岸、お盆などの行事のご案内、僧侶による法話のご案内などを致しております。
ペット葬儀についてお考えの方や、ペットロスでお苦しみの方、他で火葬されたご遺骨の納骨場所やご供養についてお悩みの方もぜひご覧ください。当院では専任の僧侶が常駐しており、ペットロスを癒す法話やご相談もお受けしております。
ペット葬儀の事前相談をはじめ、突然亡くなられてどう対処すべきか分からないとお困りの方も、専門の相談員がおりますのでフリーダイヤルにご連絡ください。お気持ちも落ち着くアドバイスや、ご遺体をお迎えに上がるまでの対応についてご案内させていただきます。

PAGE TOP